2017.07.14

『43Z700』があまりにも安かったので・・・

170714.jpg

隣町に今日オープンした家電量販店がありまして。
ちょうど両親から布団乾燥機が欲しいと言われていたので、お昼過ぎに行ってみたところ、50台限定で79,800円(税込86,184円)な【43Z700】がまだ残っており、数分ほど悩んだ末、お持ち帰り(笑)
何時ぞやかのブログで、「4kテレビを買うなら、REGZAの『49BZ710X』か、BRAVIAの『KJ-49X9000E』の二択」と書きましたが、たとえ49インチでなくとも、型落ちモデルであっても、この価格ならいいかって思ってしまった次第。


で、予期せぬ購入となったため、差し当たって2つの問題が浮上。


1つ目は4K/60pやHDR、HDCP2.2に対応していない今のホームシアターシステム【BASE-V50】をどうするか。
最近主流になっているサウンドバータイプのに新調するか、それともアンプ部分を後継機である【BASE-V60】で使われている【TX-L50】に交換するか。

仮にサウンドバータイプを新調するとして、今気になっている1つが今月末に発売予定のYAMAHAの【YAS-107】。
まぁ、どちらにせよ買い換えは決定しているんだけど、明日・明後日にでも手に入れられる【TX-L50】でちゃっちゃと構築してしまうか、あと2週間ぐらい待つか(それまでどう繫ぐか)、まだ決められない状況。


そして2つ目が、PS VRのプロセッサーユニットがHDRをパススルー出来ない件をどうするか。
こっちは、その都度ケーブルの抜き差しを行う案とセレクターを使う案とがあるんだけど、、、今のところベストバイなセレクターが無い(見つからない)のが大きなネック。
勿論、問題なく使える人もいるんだけど、、、ことアンプを絡めるとブラックアウトする報告がどのセレクターにもあがっているので、さて、どうしたもんかと。


う~ん、、、ある程度分かってはいたけども、やっぱり難しい。
一応、この週末で4k環境を構築したいと思っているので、もう少し情報を集めつつも決めるところは決めないと、、、だよね。



スポンサーサイト