2017.06.26

都合の良い解釈と、思い出補正。

夏をゲームで乗り切るなら4Kテレビ「レグザ BZ710X」がおすすめ(ASCII)

昔、祖母の部屋に何インチか忘れたけど(でも結構大きかったと思う)バズーカ搭載のブラウン管テレビがありましてね。
それでよくSFCをプレイしたもんですが、子供ながらにも「大きい画面で綺麗」と思ったのを覚えています。

あの時、今ぐらいの知識があったら高画質・高音質を求めて、ケーブルとか設定とか色々変えて楽しめたんだろうなぁ~。
・・・まぁ、実際そんな小学生がいたら、確実にうざいけど(笑)


そんな一部の『おっさんほいほい』なバズーカオーディオシステムを搭載したREGZAの『BZ710X』ですが、、、ASCII以外でも勧めするところがあるんだよね。
ITmediaでは「もっともコスパの高い4kテレビかもしれない」って書いてあったし。

かく言うデジプロさんも、今4kテレビを買うなら、この『49BZ710X』か、BRAVIAの『KJ-49X9000E』の二択かなって思っております。
現時点での価格は、『49BZ710X』が16万円台なのに対し『KJ-49X9000E』は21万円台と、かなり差は開いているし、どちらも高いけど。。。
(ちなみに値段”だけ”重視するなら、ドンキの50インチ一択。)


4kテレビは発売から半年ぐらいで値段が落ち着く・・・なんて言われているから、買い時は冬のボーナス商戦辺り。

が、しかし。

当時ブラウン管のバズーカテレビでドラクエ5をプレイしていたデジプロさんが、来月出るドラクエ11を『49BZ710X』でプレイするって・・・なんかこう、特別WEB映像の『あの頃、僕らは勇者だった』みたいで、 胸アツだよね。







スポンサーサイト