2018.11.15

今朝は結構寒かった。。。

151221.jpg

この冬で4年目を迎えるスチーム式蒸発式、【roomist SHE35MD-W】。
お掃除サインが出る前にこまめに掃除し、手入れをしてきたつもりだったけど、加熱ヒーターの部分に付いているスケールが酷くなってきており、今年は買い換えるか、もう1シーズン使い倒すか、それとも以前使っていた無印良品の【超音波うるおいアロマディフューザー】をカムバックさせるか、検討中。

これまでは仕事柄、電気代よりもデジプロさんの体調を優先しスチーム式にしてきたけど、今年からは自分の体調よりも電気代を優先してもよくなったので、気持ちとしてはかなり省エネ志向に傾いている。




スポンサーサイト
2018.10.31

全然クリエイティブなことに使っていない・・・

Apple、「A12X Bionic」搭載でノートPCより速い「iPad Pro」(PC Watch)

今使っている2018年モデルのiPadに何ら不満を感じていないデジプロさんにとっては、今回発表されたiPad Proは明らかにオーバースペック。
でも、磁石でくっつきワイヤレス充電も出来る第2世代のApple Pencilと、Lightning端子からUSB Type-Cへの変更になったのは、かなり魅力を感じてる。

と言う訳で。

壊れるなど何らかのトラブルに見舞われない限り、次の買い換えのタイミングは上の2つが備わった普通のiPadが出た時になると思う。
流石に来年のモデルで搭載するとは無いだろうから、、、早くて2年後かな。




2018.10.29

待ってました!

ラブライブ! サンシャイン!!楽曲がハイレゾに。moraやe-onkyoで11月配信(AV Watch)

今配信されているラブライブ!のハイレゾ楽曲が、どれも音の広がりや分離具合、精密さなどでCDとの違いがはっきり分かる感じになっているので、サンシャインの方もかなり期待している。

逆にアイマスの楽曲はあまりハイレゾ感が分からずがっかりしたので、購入したのは最初の数曲だけで今は買っておらず。
ハイレゾと言っても、曲によってはCDの方が良く聞こえたり、プレーヤーやイヤホンを変えることで分かるようになるものがあるから、買うか否かで悩む時もあるけど、、、でもそれが楽しくもあるんだよね。


そう言えば今日都内へ行ったのは昨日のブログにも書いたけど、初めてANKERのBluetoothイヤホン【Soundcore Liberty Lite】を使ってみたところ、結構音飛びが多かった。

ソニーのBluetoothレシーバー【MUC-M2BT1】だと、LDACの音質優先接続でも地下鉄に乗っている時に何回か切れた程度だったのが、今回はSBCの音質優先設定で地下鉄は勿論のこと、駅の地下道を歩いている時などでも音切れが発生。

まぁ、今になって思えば何故に接続優先に変更して試さなかったのか悔やまれるのだが、、、音飛びの不便さを差し引いてもケースに入れれば勝手に電源オフになったり、カバンにしまう時も邪魔にならなかったりと利便性は抜群で、出来るだけ持っていくカバンは小さいもので済ませたい傾向のあるデジプロさんとしては、次出かける時も【Soundcore Liberty Lite】を持っていくと思う。

そして次こそは接続優先にしてどれほど改善されるのか検証するつもり。




2018.10.24

PS4の積みゲーも消化していかないといけないしね

都市建設シム「Cities: Skylines」の最新DLC「Industries」がリリース。産業にメスを入れ,より専門的で細分化された生産を実現(4Gamer)

他のゲームと同じく、Cities: Skylinesでも新しいDLCの発売の時は大型アップデートも行われるのですが、もう1つ、同時に行われるのがMODが動かない、挙動がおかしくなる等と言ったお祭りです。

今回、PC版を買ってから初めてのお祭り(アップデート)となったデジプロさんですが、案の定、一部の道路が削除される症状に見舞われております(笑)
一体どのMODが影響しているのか、他にも死んでいるものはないか気になるところではありますが、ぶっちゃけ調べるのは面倒なので、しばらくはMOD側のアップデートを待ちつつ、一休みしようかと。

ちなみに新しいDLCである『Industries』は1個前に出た『Parklife』より面白そうなので、セールになれば50%になるのを待たずに購入予定。
これまでは早期購入割引なるものがあったらしいんだけど、今回はそれが無くてちょっと残念。。。



2018.10.20

来年こそは!と、とりあえず言っておく

PCレスで動作するHMD「VIVE FOCUS」、66,750円で10月30日発売(AV Watch)

ここ何年かは毎年ブログに「パソコン用のVRを買いたい」と書きつつ、結局今に至るまで購入を先送りにしていたら、方向性がどんどんPCレス化に進んでいた。。。
今回発表された【VIVE FOCUS】は既に発売されている【Oculus Go】に比べると値段はかなり高いけど、解像度が【VIVE PRO】と同じなのは、かなりポイント高め。

PS VRしか使っていないデジプロさんが言うのも何だけど、スタンドアロンモデルは配線の切り替えやコードを気にせず、遊びたい時にすぐ使うことが出来るのが大きいよね。
その辺はこの2年、特に4kテレビを購入してからのPS VRの使用頻度から見ても特に感じる。

たられば話になっちゃうけど、仮に今年、解像度の向上にワイヤレスとはいかないものの、コード周りが今以上に簡潔になった新型のPS VRが発表されていたら、今使っている初期型は非公式かつ自己責任でパソコンで使うプランを考えていたけど、こう言う魅力的な端末が登場すると、PS VRは壊れるまで今のを使い続け、スタンドアロンのタイプを1つ持っておくって言うのも有りだなぁって思う。




2018.10.17

悩む!でもそれが楽しい!

「GeForce RTX 2070」レビュー。Turing世代第三の矢は「コスパ」を語れるGPUになったか?(4Gamer)

今プレイしている『Cities: Skylines』、そして年末に購入予定の『Planet Coaster』が控えている中、グラボの買い換えを検討しているデジプロさん。
今日、レビューが解禁された【RTX 2070】を読んでみて、次買うのはこれかなぁ~と思ってはいるんだけど、如何せん高い。
そして値段が下がるまで待てる気がしない(マテ)

今後もパソコンでゲームをするなら、多少高くても買っていたかも知れないが、当面は『Planet Coaster』が快適に動けばいいわけで。
となると、一世代前の【GTX 1070 Ti】(約55,000円)か、【GTX 1070】(約45,000円)辺りで良いんじゃね?となり。

でも折角なら新しいのが・・・って気もあったりで、堂々巡り中。

おかげでブログの文面も、久しぶりに書き殴ってる感満載(笑)




2018.10.08

ウォークマン本体は良いのを作るのにねぇ。。。

今日の本題を綴る前に、まずはこれ。

Windows 10 October Updateにファイル消失問題で提供中断(PC Watch)

幸いなことにデジプロさんのパソコンは『更新プログラムのチェック』を毎日押してもアップデートファイルが来なかったので、巻き込まれずに済みました。
でも、自らアップデートを行う気は満々だったので、被害を避けられたのは本当に紙一重だったと思う。。。

これまでも大型アップデートの時は通知が中々来ず、しびれを切らして手動アップデートをしたことがあったけど、これを機に通知が来ないのがラッキーだと思うようにします。


で、ここからが今日のブログのメイン。
アップデートして全然幸いじゃなかったのが、9月5日のブログにも書いた、ソニーの『Music Center for PC』ですよ。
ユーザーからの声を反映すると言う事で結構期待していたんだけど、ふたを開けてみたら一体誰の声を聞き、まぁ、よくこれでオッケーが出たねってぐらいの改悪っぷり。

『Music Center (Ver.1.0)』が出た時もデジプロさんは、アルバムジャケットの表示でハイレゾマークが無いとか、文字や画像が全体的に小さいとか細かい指摘箇所をしたものの、基本的なUX、UIは『Media Go』と似ていたので使うことは出来た。
ところが今回の2.0でその辺を全くの別物と言っていいレベルで弄り、1.0がまともに思えるほどの使いづらさに仕上げる始末。

結局、1時間使わずに1.0に戻しました。

『Media Go』から『Music Center』に変える時も感じたけど、ソニーのアプリは1個前のバージョンや昔の物を取っておかないとダメだね。
でもって、『Media Go』にはまだまだ現役で頑張ってもらわないといけなさそうです。


ちなみに、具体的な改悪点を言うと、、、

・アルバム画像や文字の大きさを3種類から選べるようになったけど、それがmoraのサイトの文字にも反映し、『小』を選ぶととても読めたもんじゃ無い。
でも、皮肉なことに『Media Go』の感じに近いのは『小』なんだよねぇ。。。

・更に表示の大きさでアルバムの並び順がおかしくなる。
(同じアルバムのDIsc1と2が『小』だと並んでいるのに、『中』だと離れ離れになる)

・表示方法には『アルバムジャケット』や『楽曲リスト』などいくつかの中から選べるんだけど、切り替えると数十秒の読み込みが入る。

・並び替え順に『登録日時順』が無い。(デジプロさんが見つけられないだけ?)


まぁ、ものの1時間でアンインストールしたので、設定次第で直る件もあるかも知れないけど、、、作った人たちは本当にこれが『使いやすい』と思っているのかね?




2018.10.04

結局いつものセール待ち

4K/HDRとAlexa対応の「Fire TV Stick 4K」は6,980円。「30分早送りして」(AV Watch)

6,980円って価格にはかなり惹かれるけど、4k作品のラインアップや今の視聴頻度、4kテレビ経由で見られるのを踏まえると、まぁ、今は買わなくても良いかなって言うのが本音。

ぶっちゃけ、妹の部屋の4kテレビでもプライムビデオを見られるようにした事で、お互いの視聴履歴が分かるようになってからは、あまり見ていないしね。。。(主にアニメ)
まぁ、妹側からしてみたら「何を今更」と一蹴されそうだけど、なんか変に気を遣ってしまう自分がいる(苦笑)


そう言えば、ブログのタイトルにも書いた『セール待ち』。
今行われているAmazonのタイムセールで、丁度今日【Echo Spot】が3,000円引きとなっているのですが、今回はスルーして12月のサイバーマンデーセールで買おうと思っています。
タイムセールで3,000円引きなのだから、サイバーマンデーセールではこれ以下って事はまず無いだろうし、これ以上の値引って可能性もあるからね。




2018.09.22

少し整理しないといけないかなぁ。。。

Amazon、10.1インチHD画面のスマートディスプレイ「Echo Show」。ドルビー対応、27,980円(PHILE WEB)

プライムビデオを音声で操作出来るのは、ちょっと魅力的。
けどサイズ的にはiPadと同じぐらいなので、今のパソコン周りで置く場所が無いのが現状。
加えてプライムビデオはFire TVを付けた液晶モニター、4kテレビの2つで見られる為、これ以上増えても。。。

結局、設置場所の観点からコンパクト、かつモニター付きのEcho Spotが今のところのベスト端末なのかなぁ~。




2018.09.07

PS4版があるのに買っちゃった(テヘ)

180907.jpg

予定ではクリスマスからお正月辺りで行われるであろう、STEAMのウィンターセールで買うつもりだった『Cities: Skylines』ですが、販売元であるParadoxの単独セールで、本体が75%オフ、DLCも一番新しい『Parklife』以外50%オフと、おそらく割引率としてはこれ以上無いだろうってぐらい安くなっていたので、衝動買い。

いやぁ、念のためSTEAMのアカウントを作って、『Planet Coaster』と一緒にウィッシュリストに入れておいて正解でした。

購入したのは本体(バニラ)と『Green Cities』に『Mass Transit』、『After Dark』、『Snowfall』の4つと、無料の『Match Day』。
『Natural Disasters』は折角作った街を壊すのは嫌なのでパス。
(PS4版ではシーズンパスを購入したので、インストールはしてある)
今回25%オフだった『Parklife』は、いつか50%オフになった時に買うつもり。

支払いはPSN同様、プリペイドカードを買ってのチャージにしました。
朧気に、「あ、STEAMのもあるんだ」って言うのは知っていたものの、それが何処だったかは覚えておらず、たまたま寄ったファミマにあったので普通に買ってきたけど、後々調べてみると、国内でのプリペイドカードの販売が始まったのが今年の7月からで、取り扱っている店舗も他のに比べると少なく、あちこち探さずに買えたのは凄くラッキーだったのかも知れない。

と言うか、何となくでアカウント作って、セールがあるよってメールが来たので見てみたら結構な割引率で、じゃあ買っちゃおうかとプリペイドカード目的でコンビニ行ったら一発で販売店舗に当たるんだもの、そりゃあ今日のデジプロさんは強運だったわけだ。

で、今はインストールも済ませたのでいつでも始められる訳ですが・・・、やはり、まずはPC版特有のMODやアセットの導入を一通り済ませてからだろうと言うことで、今は色々物色中。
『勇者ネプテューヌ』が発売延期になった時は少なからずショックだったけど、こうしてPC版の『Cities: Skylines』を手に入れた今となっては、延期してくれてありがとうと言いたい。