2019.01.17

滑舌は悪い方だと思う

毎回の「アレクサ」が不要に 複数の音声コマンドを連続認識できる「会話継続モード」を試す(ITmedia)

さっき設定をオンにして試してみたけど、いちいち「アレクサ」って言わなくて済むのは便利だわ。
しかし一方で、会話継続モードを受け付ける時間が5秒程度しかない為、制限時間があるって思うと、つい早口になり、噛んだりする確率がアップするので、会話継続モードでいくのか、一度切るのか、使い分けるには慣れが必要になりそう。


そう言えば。

去年12月のサイバーマンデーセールでのポイントアップキャンペーンのうち、ボーナス分として約3,000ポイントが登録されていました!
さっき計算したら、通常分がだいたい800ポイントだったので(勿論計算はEcho Spot)、3,000円貰ったと思うと、かなり大きい。




スポンサーサイト
2019.01.14

4kどころか、HDでもないなんて。。。

190114.jpg

申し込んでいた、BS/CS 4Kの視聴チップが到着。
勿論、無料です。

で、早速【50M520】に取り付け、4k放送を見てみたんだけど。
まだ始まったばかりで仕方がないとは言え、4k画質で頑張っているのはNHKとQVCぐらい。
民放に至ってはゴールデンタイムだと言うのに報道番組ばかりで、まさか4kの鮮明さをコメンテーターが座っている椅子のレザーやメッシュで感じるとは思いもしなかった。。。

加えて、日中はほとんど4k放送で無いどころか、アナログ放送時代の時代劇を流していることもあり、現時点で4kの美しさを実感できるのはNHKのドキュメンタリーとQVCの通販、報道番組に出ているおっさんのスーツや備品、そしてたまに民放で映画とかをやる程度。

でもこれ、デジプロさんのようにテレビを買ったら無料で4kも見られちゃう人なら、「まぁ、地デジの時同様、最初なんてこんなもんか」で納得も出来るけど、数万円出しチューナーを買ってまで見た方が良いよとは、間違っても言えない。。。

まぁ、これから野球などスポーツが始まればまた違ってくるのかも知れないけど、せめて今やっているサッカーのアジアカップは4kでやって欲しかった。


それと。

いくらチャンネルスキャンをしても、4kのBS日テレが映らなくて疑問に思っていたんだけど、日テレだけ今年の9月から放送開始だそうです。




2019.01.10

『Echo Spot』と『eRemote mini』を使って部屋の家電をIoT化してみる(エアコン&【50M520X】編)

このシリーズも今回で3回目となりました。
前回は最後にエアコンの設定で四苦八苦中な事を書いて終わったので、今回はその続きから。

まずデジプロさんの部屋で使っているエアコンは、2011年に購入した三菱の『MSZ-HW221』。
最初はテレビ同様、メーカーを選んで『eRemote mini』に向けて電源ボタンを押す方法を試したのですが、何度やっても反応無し。
そこで今回は『別の方法(手動マッチング』)で再チャレンジ。

すると(多分)50ある候補の1つ目でエアコンが起動したのですが、リモコンはオフの時と同じで何も表示されず、また本体もいつもと違う動きをした為、リモコンから電源オフ。
この機種は冷房や暖房のボタンを押しても電源が入る仕様になっている事もあり、リモコン上で表示されないと反応したコマンドが電源オンなのか、冷暖房の切り替えなのか分からず、解決する(表示させる)には結局リモコンの電源ボタンを押さないといけないことが判明。

この辺は個人の好みにもなるのでしょうが、デジプロさんの場合、『eRemote mini』を100%信用していないのと、リモコンに今のステータスが表示されないのは嫌で、そこまでして音声操作しなくとも良いかなって思い、エアコンのIoT化はしないことにしました。


そしてもう1つ。
先日購入した【50M520X】もついでに設定。

と言ってもやることは以前『eRemote mini』で登録したテレビ(43Z700)のデバイスを削除し、AmazonからREGZAのスキルをインストールするだけ。
デジプロさんは【50M520X】をネット接続しているので、手順に従い簡単に出来ましたが、ネット接続していない場合だと、また勝手が違ってくるのかも。

実際に試したところ、『eRemote mini』よりも格段に便利になりましたね。

言葉(フレーズ)の簡略で言うと、「アレクサ、5チャンにして」で地デジ・BSの5に充てられている放送局に変更。
地デジの状態から「アレクサ、BS日テレにして」と言うと、リモコンだとBSボタンを押し4を押す2行程が1回で出来る。
NHKはちょっと面倒で、「アレクサ、NHKにして」だと地デジ、「アレクサ、NHK BSプレミアムにして」でBSに変更。
ただしBSは「NHK」を省略するとダメだし、「NHK BS1」も「ビーエスワン」じゃダメで、「ビーエスイチ」ならオッケーと、ちょいと複雑。

そして『eRemote mini』では出来なかったHDMIへの入力切り替えと、地デジ・BSへの変更も出来るようになりました。
入力切り替えは「アレクサ、入力(は省略可)をHDMI2にして」と、フレーズが長いのと「えいちでぃーえむあい」で噛みそうになるので、多分そんなには使わないかも。
一方、地デジ・BSの変更は「アレクサ、地デジ(BS)にして」で切り替わった時は、思わずガッツポーズしちゃいました(笑)


と言う訳で。
今回、エアコンはIoT化を断念するかたちとなりましたが、あくまでこれはデジプロさんがそっちを選んだだけで、やろうと思えばやれることは分かりました。

一方テレビの方は、流石公式スキルといった感じ。
『eRemote mini』経由でやっていた時も便利と思っていましたが、出来ることの多さで言うと段違いです。
これは【50M520X】を選んで正解だったかも。




2019.01.08

これ、、、かなぁ

「GeForce RTX 2060」レビュー。349ドルで登場する60型番のRTX 20シリーズは「みんなの新世代GPU」となれるか(4Game)

これからパソコンでも色々遊んでいくと言う意思表示も兼ね、【RTX 2070】にして余裕を持たせるか。
これまで同様、メインはあくまでPS4やスイッチで、そっちでは出ないタイトルをフォローするのにパソコンを使うならば【RTX 2060】か。

現状、『Planet Coaster』と『Cities: Skylines』が快適に動けばオッケーで、『Battlefield V』のようなFPSもの、『Fortnite』や『PUBG』と言ったバトルロワイヤルものは全くプレイするつもりが無いデジプロさんにとっては、レビューのまとめにも書いてあるように、【RTX 2060】の価格次第なんだよねぇ。

勿論、販売したばかりのご祝儀価格で買うつもりは無いけれど、値段が熟れて3万円台になるのか否か、なるとすればいつ頃か、それまでデジプロさんが我慢できるかどうか。
結局はタイミングで、「その時」が来たらどっちにするか、あるいは【RTX 2060】と同等のスペックで在庫処分で安くなった【GTX 1070 Ti】にしてしまうか選ぶことになりそうです。





2019.01.06

支払いは貯まっていたポイントで

190106.jpg

1月4日に終了したAmazonの初売りでAnkerの【PowerCore II 10000】を購入。
サイバーマンデーセールで【PowerCore II 20000】を購入した時、「PowerCore IIシリーズを揃えたい」と言っていただけに、ついつい手を出してしまいました。

今使っている【PowerCore 10400】と比べて、USBポートの数は減っているものの、重さは約255gなのに対し、【PowerCore II 10000】は約195gと、軽くなっているのは実感できるので、今後は【PowerCore 10400】はマウスやキーボードなど家専用、【PowerCore II 10000】は外出用と使い分けるつもり。




2019.01.05

新年一発目の、でかい買い物

事の始まりは1月1日。
ブログにも書きましたが、リビングのテレビが音声は出るものの映像が映らなくなり、その時は直ったものの、翌2日も同じ症状が出てしまい、今度はコンセントの抜き差しや再起動をしても直らなかった為、新調する運びに。

母親からは予算5万円ぐらいと言われたので、いつものごとく、デジプロさんが使っている【43Z700】をリビングへ移動させ、予算プラス自腹で自分の部屋に新しいのを購入する、悪い癖が発動(笑)

価格.comで20分ほど調べ、REGZAの【50M520X】と【49Z720X】、BRAVIA【49X9000F】の3機種に絞り、最終的に選んだのがこちら。


190105c.jpg

【43Z700】の時と違い、箱は設置した業者さんが持ち帰ったので写真が撮れず分かりづらいと思いますが、REGZAの【50M520X】でございます。


これを選んだ理由としては、、、

・アレクサのスキルが使える点では全部が対応。
・画質で言えば【49X9000F】に軍配。
・全録機能は必要ないので、対応しているか否かは関係なし。
・音質もサラウンドスピーカーを使っているので、判断基準には含まれず。

この時点で約15万円な【49Z720X】は高すぎるし、『重低音バズーカオーディオシステム PRO』も使用しないと言うことで候補外に。
残るは2つとなったわけですが、BS/CS 4Kが見られる視聴チップが無料で手に入り、50インチで価格が(ギリギリ)8万円台で買えるコスパの良さが決め手となり、【50M520X】となりました。

【49X9000F】も良いとは思ったんですけどねぇ。。。
今の価格が約12万円と、【50M520X】に比べて3万円の違いがあり、仮にこの価格差が1万円ぐらいなら間違いなく【49X9000F】にしましたが、3万円となると今回はコスパ重視に傾いちゃった感じですかね。

それともう一つ画質で言うと、これまで使っていた【43Z700】の液晶がIPSパネルなのに対し、【50M520X】はVAパネルなので、角度をつけると白っぽい絵になるのは分かっていましたが、家族が集まるリビングならともかく、デジプロさんの部屋は6畳。
テレビを横になって見る時もありますが、ゲームや映画等ほとんど真正面から見ているので、そこまで神経質にならなくても良いかな、と。


で、いつもの定位置から撮った写真で大きさを比較。
上がこれまでの【43Z700】で、下が【50M520X】。

190105a.jpg

190105b.jpg

こうして見比べると、上下左右、全てが一回り大きくなったのが分かります。
まぁ、その代わりミニスーパーファミコンなど、テレビラックとスタンドの隙間に物が置けなくなっちゃいましたが(笑)

あと、【M520X】シリーズはAmazonのプライムビデオが見られないんですよねぇ。。。
デジプロさんのように【Fire TV Stick】を持っているか、なんなら7月のプライムデー辺りでアレクサの対応音声認識リモコンが付属した 【Fire TV Stick 4K】を買うか、それまでに東芝がアップデートで対応してくれればラッキーぐらいで、のんびり待てる人は良いかも知れませんが、そうでない人によってはそれもマイナスポイントになるかも。


さてさて、それじゃあ早速ゲオの初売りで買ったスパイダーマン(中古)で大画面を満喫しましょうかね♪


190105d.jpg




2018.12.24

『Echo Spot』と『eRemote mini』を使って部屋の家電をIoT化してみる(テレビ&サーキュレーター編)

前回に引き続き、今回はテレビとサーキュレーターを登録してみました。


まずはテレビから。

今使っている【REGZA 43Z700】は残念なことに東芝が提供しているアレクサスキルの対象に(ギリギリ)含まれていない為、「eHome」のリモコンパネルの中にあるテレビからセットアップする事に。
手順はメーカー名を選択し、10個ある候補の中からテレビが反応するのを探すだけ。
【43Z700】、、、と言うより、リモコンの型番【VT-90475】だと4つ目で反応したので、後はナビに従ってチャンネルやボリュームが反応するか確認し、登録して終了。

ちなみに、他にも反応するのがあるか10個全部試してみましたが、結局4つ目以外は全部ダメでした。


181224.jpg


音声による操作は、

「アレクサ、テレビをつけて(消して)」でオンオフ。
「アレクサ、チャンネルを●にして」でその局に変更。
「アレクサ、テレビの音量(ボリュームでも可)を●つあげて(下げて)」でボリューム変更

と、デジプロさん的には十分オッケーな出来映え。

気になった点としては、「アレクサ、音量をあげて」と「テレビの」を言い忘れると、『Echo Spot』のスピーカーのボリュームが変更されるので、言い方には注意しないといけない事と、何故か入力切替が「eHome」のアプリ上でも出来なかった事かな。
まぁ、入力切替に関してはテレビのHDMI連動機能で、PS4等、連動機器が起動すれば自動で替わってくれるよう設定しているので、問題なんだけどね。

あと地味に、地デジ・BSへの変更が音声で出来たら良かったなぁって思いました。
これ、スキルの方にはあるのかなぁ。。。



次にサーキュレーター。
使用しているのは、アイリスオーヤマの【PCF-C152】。


181224b.jpg


これ、、、と言うか「eHome」のリモコンパネルにはカテゴリーがテレビ、エアコン、照明しか無く、公式サイトにもあるように、それ以外の家電を設定するときは照明を選んでセットアップを行います。

Alexaの設定方法(公式サイト)

しかし照明にはオンとオフ、そして明暗の4つしか選択が無い為、風量を上げたり下げたりは出来ない、、、と思っていましたが、ものは試しで先に登録していた電気で、本来なら「明るくして」と言うところを、「アレクサ、電気を強くして」と言ってみたところ、見事に設定していた全灯に(明るく)なりました(笑)

デジプロさんの場合、普段は静音をベースにして使っているので、照明の「明」に風量の「中」を、照明の「暗」に風量の「静音」を登録。
これで、

「アレクサ、サーキュレーターをつけて(消して)」でオン・オフ。
「アレクサ、サーキュレーターを強くして」で、風量を中に。
「アレクサ、サーキュレーターを弱くして」で、いつもの静音に。

と、完璧な設定が完成。

しかしこれはあくまで強弱の設定を2つしか使っていない場合で、例えば普段は「中」を使っていて、その時々で「強」にするときもあれば弱(静音)にする時もある、そういう人からすると、ちょっと納得いかないかもしれません。
まぁ、この辺は今後の『eRemote mini』のアップデートで、テレビやエアコン同様、扇風機のカテゴリーも追加してもらいたいですね。


以上が、現時点での報告となります。
これで残すはエアコンのみとなりましたが、実は一度設定をしたものの、音声はおろか「eHome」での操作も出来ず、ただいま四苦八苦中。
出来れば今年中に終わらせたいと思っていますが、、、如何せん『ドラゴンクエストビルダーズ2』が面白すぎて、果たして出来るかどうか。。。(マテ)




2018.12.21

現役続行か、買い換えか

毎年恒例の「Steam」ウィンターセールがスタート。対象タイトルは約1万6000作品に(4Gamer)

待ちに待ったSTEAMのウィンターセールが始まったので、早速『Planet Coaster』を購入。
去年は75%オフだったので、今年も同じなら良いなぁと思っていたら、まさかの76%オフ(笑)
税込み1,099円で購入することが出来ました。
DLCは、どれが面白いのかまだ分かっていないので買っていませんが、セール中に何かしらは購入するつもり。


181221.jpg


で、肝心のパソコンが耐えられるかは、まだプレイしていないので分からず。
『Cities: Skylines』同様、バニラならそこそこ耐えられるが、ワークショップで色々入れると重くなるのか、どの辺りまでなら耐えられるのか、これから少しずつ試していき、無理と判断したら来年早々にでもグラボを買い換えるかも。


ちなみに、『Cities: Skylines』は本体はいつも通り(?)の75%オフ。
DLCもデジプロさんが購入した時と同じ、『Industries』は定価のまま。
『Parklife』が33%オフで、その他は軒並み50%オフでした。

『Parklife』は50%オフまで全然我慢できるけど、『Industries』は面白そうなので、割引を待たずに買うかも知れない。
あと、折角のセールなので、面白そう、かつ、今のスペックでもいけそうなのがあれば買うかも。




2018.12.19

『Echo Spot』と『eRemote mini』を使って部屋の家電をIoT化してみる(セットアップ&照明編)

とりあえず現時点でセットアップを済ませ、照明を声で操作できるところまで出来たので、思ったことや感想などを書いてみようかと。


まずセットアップから。

今回、「eHome」のアプリはiPadにインストールしました。
App Storeでの評価の低さに若干不安を抱えましたが、案の定、Wi-Fi設定で何度やっても90%で失敗。。。
仕方なく「別の方法(手動セットアップ)を試す」でやり直したところ、すんなりと成功する事が出来ました。
やっている(入力している)ことはパスワードだけと同じなのに、何が違うんだろうね。

それとデジプロさんは一連の作業をアプリに表示されるマニュアルで進めていったけど、これからって人は公式サイトの方が見やすくて分かりやすいと思います。

Amazon Alexaの設定方法(公式サイトより)


セットアップ終了後は本当に音声操作出来るのか試すべく、テレビ、エアコン、照明とある「eHome」のリモコンパネルの中から比較的簡単そうな照明で実験。

参考までに、今デジプロさんが使っているLEDシーリングライトは、2013年に購入したパナソニックの【HH-LC564A】。
既に自分好みの色(明るさ)は調整済みなので、調光と調色はここ何年と使用しておらず、また、オン、オフも壁のスイッチで行うことがほとんどなので、リモコンで使っているのは常夜灯のみと言うのが現状。


181219.jpg


で、「eHome」を見るとオンとオフ、そして明暗の項目があったので、以下のように設定。

・オン・・・点灯
・オフ・・・常夜灯
・明・・・全灯
・暗・・・普段の明るさにする(リモコンでは点灯と一緒)

加えて、普段から「照明」なんて言葉を使わないので、名称を「電気」に変更。
この時点でiPadの「eHome」上でのタッチによる操作は可能となっており、あとは同じくiPadにインストールしたアレクサのアプリに切り替え「デバイスを追加」でこれらの設定をリンク。
全てのデバイス上に『電気』が表示されたのを確認し、「アレクサ、電気をつけて」や「アレクサ、電気を明るくして」できちんと反応してくれました。

ちなみに。

デジプロさんは名称を「電気」に変更しましたが、試しに初期設定の「照明」で「アレクサ、照明を明るくして」と話しかけると、「照明というデバイスは見つかりませんでした」と言われ、操作は出来ず。
でも、名称を「照明」にし、同じ内容でもう1つデバイス追加すれば、おそらくどっちでも反応してくれるんだろうなって思います。


とまぁ、こんな感じで今日は終了。
セットアップで多少つまずいたものの、そこからは順調に出来ているので、この調子でテレビとエアコン、それにサーキュレーターを追加していく予定。




2018.12.14

サイバーマンデーセールで買った物、ラスト

181214.jpg

デジプロさんの部屋にある家電をIoT家電にすべく、【eRemote mini】を購入してみた。
折角【Echo Spot】を買ったんだもの、やはり音声による家電の操作をしてみたかったのですよ。

【eRemote mini】を選んだ理由は、これが4,480円で安かったからと至ってシンプル。
当然、スペックや仕様など調べず(唯一アレクサに対応しているのは見た)衝動買いしたせいで、USBケーブルしか無く、ACアダプターが入っていないことに開けてから気づいたほど(マテ)
おかげで当初考えていた配置場所では難しくなり、何処に置くか再検討しないといけない羽目に。。。

そんなわけで、前途多難なスタートとなりましたが、そこは言っても4,480円。
例え満足のいく結果にならずとも、この価格ならばある程度は許せるものと割り切り、色々試してみたいと思います。