2018.07.17

気分もエアコンもスッキリ!

「エアコンの嫌なニオイが完全に消えた」 “窓全開、16度で1時間つけっぱなし”で本当にニオイが取れる理由(ねとらぼあんさー)

今、デジプロさんの部屋で使っているエアコンを買ったのが7年前の2011年。
それが2年か3年目ぐらいから、冷房を28度に設定すると変なニオイが出るようになりまして、設定温度を低くすると出なくなるので誤魔化ながら使ってきたものの、衛生的にもやっぱり一度、徹底的に綺麗にしたいとダスキンさんにお願いしてクリーニングをして貰ったのが2年前。

しかしながら去年、やっぱりニオイは出始めちゃって、これはもう諦めるしかないかと思っていた今年、このような記事を発見。
運良くデジプロさんが使っているのも三菱だった事もあり、ものは試しとやってみたところ、1回では完全に消えるとまではいかないものの効果は感じられ、だったらと翌日にもう1回やってみたら、28度にしても本当にビックリするぐらいニオイが消失。

おかげで連日の猛暑日も、28度+扇風機で快適に過ごせております。

いやぁ、、、偶然とは言え、良い記事を見つけてラッキーだったね!
これで(壊れない限り)まだまだ買い換えなくてもオッケーってもんですよ。



・・
・・・ちなみに、デジプロさん的に1回で効果が出なかったのは、窓を開けたら風に乗って鶏糞のニオイがながれてきて、とても換気にならなかったのが原因じゃないかと思っているんだけど、、、これはただの田舎あるあるで関係無いか(笑)




スポンサーサイト
2018.07.11

これは無いわぁ~。。。

Surface Go、日本では8月28日発売! 個人向けは6万4800円~(ASCII)

今日はデジプロさんの誕生日なんだけど、まず先にこれについて書いておかないと。


いやぁ、、、まさかたった1日で、ここまで購入意欲が落ちるとは思わなかった(笑)
もうね、本当にがっかりですよ。

いくらOfficeが入っているとは言え、日本だけ2万円も高いってどうなの?
しかも今年中に出ると言われているOffice2019がインストール出来るOffice365ならともかく、2016って。。。
会見で日本ではOffice付きのパソコンが需要がある・・・的な事を言っていたけど、中には(自分も含めて)iPadのようにタブレットとして割り切って使いたい人だっているだろうし、せめて有り無しの選択肢ぐらい用意して欲しかった。

・・・そんな感じでデジプロさんとしましては、「このスペックでこの値段ならiPadでいいや」と言う、昨日とは真逆の結論に至りました。


で、話を戻して今年の『誕生日に世間では何があったか』は、当初【タイの洞窟に閉じ込められていた13人の少年たちが全員救助された日】でいこうと思っていたんだけど、急遽、【Surface Goが日本だけ2万円も高いぼったくり価格】に変更!
そして、今年の分も入れた最新版(?)がこちら。


2008年・・・初代iPhoneが発売。
2009年・・・延期されたドラクエⅨの発売日。
2010年・・・参議院選挙の投票日。
2011年・・・3.11から4ヶ月目と言うこともあり、自粛。(多分書き忘れ)
2012年・・・上野動物園で生まれたパンダの赤ちゃんが死んだ。
2013年・・・特になし。
2014年・・・過去最大級の台風8号が関東に近づいただけ。(実際は猛暑日)
2015年・・・任天堂の元代表取締役社長、岩田聡氏の命日。
2016年・・・(日本時間で)euro2016の決勝戦。
2017年・・・2年連続、誕生日にAmazonのプライムデーが開催
2018年・・・Surface Goが日本だけ2万円も高いぼったくり価格で発表


去年のブログでは2013年だけ『特になし』って書いたことを悔やんでいたけど、改めて見てみると2016年の『euro2016の決勝戦』って言うのも、国内のことじゃないだけに浮いている感じがする。。。




2018.07.10

これは勢いで買ってしまっても良いレベル

Microsoft,10インチサイズで税別399ドルからの新型タブレットPC「Surface Go」を発表(4Gamer)

もし4月にiPadを買っていなかったら、今日のブログは「ベンチマークの数値は気になるものの、余程のことが無い限りタブレットの代わりはこれに決定!」的な内容になっていたと思うぐらい魅力的(笑)

いくつか気になる点を上げると、さっき書いたベンチマーク結果が如何ほどになるのか。
iPadの時は一番安い32GBモデルで全然オッケーだったのに対し、Surface Goの一番安いモデル(おそらくメモリー4GB、ストレージ64GB?)だと、パソコンとしてはちと心許ないスペックなので(あくまでデジプロさん個人の感想です)、買うならメモリー8GB、ストレージ128GBは欲しく、そうなると当然値段も跳ね上がるだろうから、いくらになるか。

まぁ、今日の時点ではラインアップなど詳細まで出なかったから何とも言えないんだけど、立ち位置としてはあくまでメインPCありきで、サブPCとタブレットの中間ぐらいを想定し、出来ることと出来ないことをしっかりと割り切って上手く使い分けるか、って感じかな。


とは言え、既にiPadを持っていてデスクトップも好調、この手の端末に些かの不憫さを感じていないデジプロさんとしては、購入する理由などこれっぽっちも無いのですが、、、何か「きっかけ」さえ出来ればいつでも突撃してやるだけの心構えはしておくつもりでございますよ(マテ)




2018.07.02

ウォークマンも聴く前にまず充電ってケースが多くなっている

mora、ハイレゾ約1,000作品を最大70%オフキャンペーン。ハイレゾ対応機器プレゼントも(PHILE WEB)

一昨年から去年にかけての熱は一体何処へ行ったのやら・・・と言わんばかりに、オーディオ絡みの興味が消えているデジプロさん。
そんな状況なので以前に比べてTSUTAYAでのレンタル回数は勿論のこと、ハイレゾ楽曲の購入、チェックも減っているので、今回のセールで気になる曲があれば買ってみようかと。

ハイレゾ楽曲って例えばラブライブのように、音の違いがCDと全然違うものもあれば、アイマスのようにCDの方が良いんじゃね?って思うようなものもあるので、最近はよほど好きな楽曲出ない限り購入を躊躇っちゃう気があるだけに、セールは有効活用しないと。





2018.06.29

色々と残念

Amazon Fire HDタブレットが「画面付きAlexaスピーカー」に、ソフトウェア更新で(Engadget)

最初この記事を見た時、「これを使えば!」と思ったけど、今回の発表はあくまでアメリカでの話。
加えてディスプレイに出来るのは、Fire HD 8とHD 10のみ。

これが今後、日本国内でも出るかどうか分からないのと、仮に出たとしてもデジプロさんの持っているFire 7は向こうですら未対応で、Fire HD 8を新調しないといけないのを考えたら、普通にEcho Spotでいいじゃんってなり、購入意欲など色々と終了(笑)

この手の、今ある物にオプションを後付けすることで出来ることが増えるって言うシチュエーションは凄く好きなんだけどねぇ。
でも、よくよく周りを見渡してみるに、今のパソコンデスクに8インチのタブレットを立てかけておく場所なんて無いのが実状なのですよ。。。




2018.06.27

振り返ってみると、まぁ、よく調整したもんだ

ヤマハの大人気サウンドバーの新モデルは3Dサラウンドを強化(ASCII)

今年はウーハーが一体になっている【YAS-108】だけなんだね。
107からの変更点で、【DTS Virtual:X】と映画やゲームと言ったモードの掛け合わせが出来るのに興味はありつつも、次に買うならソニーの【HT-Z9F】が現時点での本命。

とは言え、いま使っている【YAS-207】も調子良いし、【HT-Z9F】もまだまだ高いしで、新調するのはまだまだ先になりそう。


で、そんな「わざわざ」調子が良いと書いた【YAS-207】ですが、購入してしばらくはネットの書き込みにもあるような、ウーハー部分から男性の声がこもった感じで聞こえたり、【DTS Virtual:X】モードにすると、明らかに音質が安っぽくなったりで正直購入したのを後悔したこともありましてね。

ウーハーから声が聞こえる点は、クリアボイスやバスエクステンションをオフにし、低音レベルやモードの切り替えなどで気にならないように調整。
結果、映画を見てもゲームをしても低音の響かない、つまらない音になっちゃいましたが(笑)最優先事項はあくまでウーハーから声が出さないことだったので、まぁ、仕方ないかな、と。

【DTS Virtual:X】モードは、、、あくまでデジプロさんが感じた印象になるけど、1つ1つの音が細かい球体上でスピーカーから出ていると例えると、【DTS Virtual:X】モードはその球体を硬貨のように潰すことで音が広がっているように感じたんだよね。
でも音(球体の数)そのものは変わっていないから、聞こえ方としては上にも書いたように安っぽいというか、薄っぺらい印象で、、、加えてウーハーの件もありとても使えたものじゃなかった。


それが今年に入った辺りから、いつの間にかその辺の症状が改善されていまして。
デジプロさん的にはエージングで熟れたのかと思っているけど、今ではテレビ、ゲーム問わず、クリアボイスやバスエクステンションをオンにし、【DTS Virtual:X】モードでワールドカップを満喫しております。




2018.06.21

なにぶん、すぐにすぐ欲しい物でもないので

丸いディスプレイのスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」発売。14,980円(AV Watch)

この手のディスプレイ付きなスマートスピーカーはこれから色々なメーカーから出てくるだろうけども、現時点でデジプロさんが最初に買うスマートスピーカーはこれになりそう。
と言うか、一番安い【Echo Dot】が今日まで46%引きの3,240円で売られており、割と本気で衝動買いしてしまおうか悩んでいただけに、今日発表してくれたのは本当に良かった。。。
もしこれで注文して手元に届く前にこのニュースを知っていたら、、、それはそれで良いブログのネタになるんだろうけど(マテ)まぁ、現実的に考えて高確率で返品していただろうね(笑)

しかしながら。

久しぶりに物欲センサーが反応したとは言え、当然のことながら(?)定価で買うことはありませんので、今回の【Echo Dot】のようにセール特価になった時に買うつもり。
時期的には、12月のサイバーマンデーセール辺りかなぁ~。




2018.06.17

ブログと言う名のメモ帳

Oculus GoでSteamVRが動く「ALVR」がすごい ケーブルレスのハイエンドVRを体感 VRchatも遊べる(ITmedia)

以前、PS VRをパソコンに接続する方法は調べたことがあったけど、こっちの方がワイヤレスだし良い感じかも。

って事で、実際にチャレンジするかは別として、一応メモっとく。

ただ、これを使うには『Oculus Go』を買うのは勿論、パソコンもVR Readyの基準を満たさないといけなく、デジプロさんの場合だとグラボの交換が必要。
今だったら無難に【GTX 1060】を選ぶと思うんだけど、そろそろ次のGTX 11シリーズが発表されても良い頃合いで、しかしながら先日の『COMPUTEX TAIPEI 2018』では何の発表も無し。

まぁ、例え発表されても最初はGTX 1180とかGTX 1170で、デジプロさんが狙っている(出せるギリギリの価格帯になるであろう)GTX 1160はもっと遅くなる可能性も十分ありうる。
ならば、値段も落ち着きつつあるGTX 10シリーズでも良いんじゃないかと言う気持ちがある一方で、折角新調するならGTX 11シリーズをって気持ちもある。

なんか最後の方はVRと言うより今後のパソコンのアップグレードの話になっちゃいましたが(笑)結局何が言いたいのかというと、早いとこ発表して欲しいって事なのです。




2018.06.06

たいして使いもしないのに

ソニー、24-200mm相当の望遠対応になった「RX100 VI」(デジカメ Watch)

いやぁ、、、ちょっとこれは欲しい(笑)
でもお値段が14万円と、かなり高い。

肝心の使いどころとしては、十中八九ディズニーなんだろうけど、、、約8.3倍のズームだと、ランドは問題無さそうだが、SEAだと場所によってはちょっと足りない?
単純にズーム機能で選ぶなら、間違いなく【DSC-RX10M4】に分があるものの、重さや持ち運ぶ際の手軽さを考えると、【RX100 VI】の方が絶対に楽なんだよねぇ。

・・・ただまぁ、年に1・2回しか行かない今の状況を考えるに、どちらにせよ高い買い物なのは間違いない(苦笑)


そう言った意味では、

ソニー、RX0やRX100シリーズで使えるリモコン機能付きグリップ(デジカメ Watch)

お値段1万円で、現在、もっぱらディズニー専用カメラとして活躍している【WX500】も対応しているこっちを買った方が、色々と便利そう。
今のところ舞浜へ行く予定は無いけど、レビューを見つつ、次行く時に合わせて購入を検討してみるのもいいかも知れない。




2018.06.05

おサイフケータイが無かったのが一番大きいかったのかな

Apple、高負荷時の動作を高速化した「iOS 12」(PC Watch)

これまでのiOSって新しく備わった機能を使いこなすには端末もある程度新しい物でないといけないイメージがあったけど、今回は古い端末でもアプリの起動時間などが高速化してくれるとのこと。

iOSが今後もこう言うスタイルを続けてくれれば、OSの変更で端末の動作が遅くなり買い換えを検討する、、、なんて事はなくなりそうで、今年買ったiPadを出来るだけ長く使い倒そうと思っているデジプロさんにとっては嬉しい限り。


・・
・・・それにしても。

10年以上続けているこのブログで、まさかiOSについて書く日が来るとはねぇ。
昔はApple商品をどこか毛嫌いしていたデジプロさんにとっては、何とも感慨深いもんです(笑)